人気記事はこちら

思いやりのある介護士になろう

今後需要が高まる高齢者介護。高齢者への対応に必要な心構えと考え方、そして実践的なコミュニケーションのテクニックなどを紹介するサイトです。お問い合わせにつきましては、メールにてご連絡下さい。

健康の話をしよう

高齢者が増えてくると高齢者と触れ合う機会も増えますし、高齢者を対象とした仕事も増えてきます。高齢者の方々と楽しく会話ができるとお互いにとって住みやすい世の中になりますし、介護の仕事もしやすくなるでしょう。高齢者の方と会話をする時には「話題のチョイス」が大切になります。お年寄りが興味のある会話を選んでするようにしましょう。
まず「健康」の話がおすすめです。高齢者は健康に敏感で、とても興味を持っています。特に「健康になる食事」の話には興味津々です。そこで、健康に良い食材や食事の仕方などについて会話をしましょう。この種の情報はネットや新聞などに頻繁に掲載されていますので、チェックしておくと良いでしょう。また、「健康になる運動」に関する話題もおすすめです。高齢者でも無理なくできるウォーキングやストレッチ、太極拳やヨガなどの話をしてみましょう。

高齢者が興味を持つ話題

地域情報について話を聞こう

高齢者の方々は、あまり電車や車に乗って遠出をすることがありません。基本的に地元の地域で行動をすることがほとんどです。そこで、地元密着の地域の情報について会話をしてみましょう。高齢者は地元地域の「お買得の商品が多いスーパー」「腕の良い医者」「美味しい料理店」などに詳しいものです。まずは高齢者から耳より情報を聞き、より良い情報をネットなどでみつけることができたら、教えてあげると良いしょう。双方向の情報交換ができるため、お互いにとってメリットが多いでしょう。
また、高齢者は人生経験が豊富なので、昔ながらの「生活の知恵」というものを知っています。料理や掃除、洗濯について「目から鱗」の情報を聞くことができるかもしれません。
子育て中の若い夫婦やこれから子どもを産みたい女性は、高齢者から「子育て」についてのコツなどを聞いてみるのも良いでしょう。同世代から知る情報とは違う価値ある情報を得ることができるでしょう。

旅行の話をしよう

高齢者の方々は普段は地元で過ごす反面、思い切った旅行をする人も少なくありません。お金と時間の余裕がある高齢者の方々は、行ったことのない遠い国や豪華客船のクルーズ旅行などに積極的に行っています。また、格安バスツアーなどのプチ旅行にも積極的に参加をしています。旅行の土産話は、話をしていても聞いていても楽しいものです。また、最新の旅行の話題も多く出ますので、若い人も自分の旅行先の参考にすることができるでしょう。自分が最近行って楽しかった国や地域の話をすると、高齢者の方々の次の旅行先の候補となりどちらにもメリットがあるでしょう。

思い出話を聞く

高齢者の方々は、現在起きた出来事よりも過去の出来事を鮮明に覚えています。そのため、昔起きた様々な出来事を若い人に話したいと思っています。高齢になった今よりも、若い時代に生き生きとしていた頃の話をする方が楽しいという気持ちも理解できると思います。戦時中の話、高度成長期の話、またはバブル時代の話など身近に起こった本当の話ばかりですので、下手な歴史小説よりもずっと面白い話が聞けると思います。ただ高齢者の方の思い出話は楽しい分、時間が長くなるという傾向があります。長編映画を見るような気持ちで、時間に余裕がある時に話を聞くようにしましょう。

介護士を目指す人に注目の記事!

  • 介護士の仕事と役割とは?
    介護士の仕事と役割とは?

    介護が必要な高齢者が増えると、介護士の需要が大きくなります。「介護福祉士」という国家資格を持つ介護士や、「ホームヘルパー」などの公的資格を取得した介護職員の役割も増えています。まず食事や入浴、移動などの補助をする「身体介護」が仕事の中心になります。また、在宅介護を受けている人の買い物や洗濯、掃除などを代行する「生活援助」という仕事もあります。同時に家族へのサポートも仕事の一つになります。地域社会から孤立しがちな介護利用者とのパイプになることも大切です。

  • 高齢者が興味を持つ話題
  • 直面する少子高齢化問題